2016年08月30日

昨年の歌


亡き友よ

ひさかたの光を反す櫻ばな知覽ちらむよ散るほかはなき

隣國の卯月感じぬ明日からは囚はれの身に喜びのみを

隣組となりはダアレ帝都には孤独な群衆しかゐないよ

わが歌をわがうたを聽け亡き友よ甘きギターの音色なけれど

京のまち国際化して知らぬ間に横文字の表札の家家

友すべて死にたるのちの十五夜よ「じふご」と聞かば銃後と思ふ

やり水に向ひひと筆秋の聲御空へ運ぶ風のひと群

風喰らふ最後のひと葉見つからず目を瞑る片肺の老人

瞼なき魚の涙 友が友あやむるときのキナ臭き風

雪の華散らす北風こころざしせめて一輪冬ひらくべし


scorpina at 14:55│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔