2012年05月03日

4月29日曲水の宴 参宴

今回のお題は、「花映池水」(はな、いけのみずにうつる)でした。

『六条修理大夫集』31 花池の水にうつるといふ題を鳥羽殿のしまにて人人よみしに
しらなみのたつかとぞみるいけ水にしづ枝をひててさける桜は

が典拠。


うつりたる花はまぼろし 陸奥(みちのく)のこころに永久に花はあるらむ      信行


池の水に映った桜花は所詮鏡に映った姿と一緒で幻、虚構でしかない。桜花の本当の美しさは、
人のこころにこそ永遠に生き続けるものである。
みちのくの人々もこの桜花の美しさをこころに抱き続ける限り、花一面の美しさを
その大地に蘇えらせることがきっと将来できるだろう。


P1070445


scorpina at 22:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔