2012年02月25日

オールウェーズ

映画ALWAYS続三丁目の夕日を観ました。NHKテレビ朝の連ドラ「カーネーション」と一緒で懐かしい家や昭和の生活文化がぎっしり詰まった映画で楽しかったです。この手の懐かしい映画ついついディテールに目がいってしまいます。木の電柱や電気配線の碍子、建具のダイヤモンドガラス等々。

さて、こういう映画を観て同時に思うのは、今の子どもたちが、この先30年後に自分たちの生まれ育った時代を映した映画を観て、なつかしく思うのだろうか?ということである。やはり思うのだろうけど郷愁はわかないのではないだろうか?


scorpina at 18:34│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔