2006年02月01日

つれづれ歌

さすらひのたましひひとつくださいなそんなつぶやき樋口一葉

漱石のまなこ磨かば光るらむ落ち葉の下にひそむ枯れ井戸

霜天にゆがむ望月人知れず鏡に映るわれにくちづけ

舐めらるる足の親指さわさわと双なきこころ濡らすますらを

せなつたふ舌はジグザグ進みをり陰茎にぎりあふ消防士

はつ夏のヤケドの痕に愛撫せり蝋のにほひの消えざるうちに

scorpina at 00:06│Comments(3)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. mosquito  [ 【喫歌室*onikis*】 ]   2006年02月02日 14:24
*inspired from『つれづれ歌

この記事へのコメント

1. Posted by ずいき   2006年02月03日 15:04
消防士のお歌を読んでて、デレク・ジャーマン(実質的な遺作?)『エドワードII』の冒頭シーンを思い出しました。
亡命中の安宿で、互いを愛し合う相似形の若い男ふたり。エドワードが尋ねる、彼らは答える「船乗り」「船乗り」と。(ヴァージン・レコードの昔のラベルみたいだった)
嗚呼、ジャーマン先生もsafe sexのススメかと、世紀末疫病の不幸を呪ったもんです。。。
2. Posted by 信   2006年02月04日 00:13
ずいきさん、おおきに。30分ほどパソコンに向かって作った歌で、たいしたことないですね。最近、家内にあんたはホモやゲイの世界とは無縁な人やから、却ってそういう世界を詠んだらおもしろいんとちゃう?といわれました。それで詠んでみた歌です。
3. Posted by ずいき   2006年02月04日 14:18
わはは、何だ仕掛人は奥さまでしたか〜。私的にはドンピシャな世界なので、徐々にハマって行って下さい。期待してますよ(微苦笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔