2016年10月

2016年10月05日

今年の歌『月時雨』


○たとヘれば京のお人は木綿でも絹でものうて京豆腐どす

○トリオンフ抱(いだ)きて眠れ如月に歌ひ続けしブラザートゥペン

○あらそひは人減りゐても此の度も千人針の千人たらず

○日の丸の日は沈みゐて望月を真一文字に切る日本刀

○アララギは枯れやすきかなくれなゐの『茂吉の体臭』嗅ぎながら読む

○曾祖父を知らねどわれは京にあり風にあらがふ洗濯バサミ

○「ササン朝ペルシヤ!」なぜか叫びたく次々と聖火に落ちる鳩

○月時雨もう気づいてもよささうだ必要?ヒト科ホモ・サピエンス

○膏薬の図子にぽつんと秀太郎将門の首まなこに映し

○ああいつにいつになつたら人類はひとつになれるだらう無理だろ


scorpina at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)