2006年02月

2006年02月17日

こどもうた

このつぎはきっとパパクンうんでよねおとうとよりはいもうとがいい

サボテンのトゲトゲになれそしたらねボクはだれにもいじめられない

にいにいのねがおにキッスおやすみねだあいすきなんだもんにいにい

クニクニはおそらのうえにいっちゃったもうきこえないボクのおうたは?

クニクニはおうたがとてもじょうずなのおはなしよりもよくねむれるよhimi1

scorpina at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月12日

祇園社

スサノオのまなこ落ち来るきさらぎは感神院のほむら明るし

期限なき旗はためきて紀元節 牛肉のごと古着は吊られ

グラスよりあふるるワインソムリエは血により人と人を分かたむ


scorpina at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月07日

こころあらばや

むらきものこころあらばやこの苗木のちに大樹となるその日まで

砕けたるプラスチックの地球儀が千年のちに土に還る日

砂時計すなの流れに逆らひて柔きうなじを這ふカタツムリ



scorpina at 23:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2006年02月01日

つれづれ歌

さすらひのたましひひとつくださいなそんなつぶやき樋口一葉

漱石のまなこ磨かば光るらむ落ち葉の下にひそむ枯れ井戸

霜天にゆがむ望月人知れず鏡に映るわれにくちづけ

舐めらるる足の親指さわさわと双なきこころ濡らすますらを

せなつたふ舌はジグザグ進みをり陰茎にぎりあふ消防士

はつ夏のヤケドの痕に愛撫せり蝋のにほひの消えざるうちに

scorpina at 00:06|PermalinkComments(3)TrackBack(1)